Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

人前で踊ることに関しては、うるさいです私。

 

私が、ハフラや外部イベントのリハなどで一番厳しい顔をするのには

理由があります。


なぜなら、これらに参加出演する生徒たちの殆どがプロではないから。
そして参加費を払って舞台に立つのです(ハフラとか発表会とか)

 

プロではないからと言って

『楽しきゃいい』『失敗してもOK』じゃ困るのです。

観に来て下さるお客様には、プロもアマも関係ないです。

 

貴重な時間とお金をかけて、会場へ来てくださる・・・ただそれだけです。

そしてそれがどんなに有り難いことか。



踊り始めて間もない人は、どうしてもこのあたりの考えを知らなかったり

深く理解していないことが多いです。

 

ま、これらを知らないことは別にいいのです。

きちんと理解してくれさえすれば。

 

※Hadiaからベリーダンスをやる人はコミットすることが苦手な人が多いと

以前聞きました。コミットって責任を持って行うという意味ですが

まー確かにコミットすることが苦手という方は多い気がします。。。主観ですが。

だからインストラクターは大変なのだ。

 

私が願うことは唯一つ。

 

 

 

イベントで踊るには、向上心を持って下さい
『出来ている事、出来ていない事』に気付いて下さい

「踊るのが楽しい」というのは「鍛錬や苦労を経験してから」感じられるもの。

<楽して踊る>と<<楽しく踊る>>は違うからね。

 

 

 


『Madoka先生は厳しいし細かい!』
うはは。はい、そうですー。

 


『Madoka先生は褒めない!』

だって出来てないんだもん。出来てないのにOK出せないよー。

 

 

インストラクターが生徒皆の上達を諦めたら、皆の成長はそこでSTOP。

だから私は絶対諦めないし、皆はもっと上手くなると信じています。

 

ちなみに今まで私にいろいろダメ出しや注意をされてきた方で

もし落ち込んだり、萎縮(怖がるとも言う)する人がいたら・・・


「落ち込み」「萎縮」についてのMadoka的解釈は、以下のとおりです。

 

 

例>>ダメ出しに落ち込むという態度について。

・・・練習不足・鍛錬不足を見てみぬフリをして、自分を過信しているだけの態度であること。日頃から練習していれば、ダメ出しをされても、ストレスよりは感謝の気持ちを感じるはず。

 

 

例>>Madoka先生怖い~また注意されるのかな~嫌だなという態度について。

・・・萎縮(怖がるとも言う)は、自分のうしろめたさ(練習不足や自身の欠点を見ていないふりをしている)を隠すために、相手を先回りして攻撃する行為であること。

ちゃんと練習していれば、注意されることに対して恐れる必要は無い。

 

 

いかがでしょう??

 

 

私は無理難題なことを押し付けて、それが出来ないから注意するのではなく

「やれば出来ることなのに、やろうとしない」

から注意するんだよ。

 

 

私から注意されたのが気に食わなくて、いろいろ裏で言う人がいるのも

百も承知ですが・・・ま、それも仕事なのでね。

生徒さんからお金をいただいている以上、誠実であることは大事だと思うの。 

 

最後に・・・私から何も言われなくなったら、それはそれで不安に思うかと。

 

 

叱られるうちが華。

何も言われなければ、その人に華は無いということです。