Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

産後のベリーダンスへの関わり方について その2

前回記事はこちら

 

 

さて、今回のお題は

産後どれくらいしたら、筋力とか感覚が戻ったか?

 

について。

 

 

これは人によって個人差があるので、

あくまでの私個人の体験談として読んで下さいませ。

 

 

産後0~6ヶ月・・・お腹戻らない。反り腰。右手腱鞘炎。

貧血。抜け毛大量で絶叫。体重が産前まであとー2kgでストップ。

身体の感覚ゼロ。肌はシミまみれ。メンタルもボロボロ。

6ヶ月くらいからピラティス(強度低め)開始。

 

産後7~13ヶ月・・・コンペに応募すると決め、トレーニング開始。

またレッスン復帰も決まったので、このころから練習開始。

身体の歪みや骨盤の不安定さは少しずつ取れてきたけれど、

安定感というのは(自分が納得するという意味で)程遠く歯がゆい日々。

さらにコンペ出場が決まって、自分の理想像と現実に頭抱えて泣きたくなる日々でもありました。

 

14ヶ月~・・・時折、身体の中に違和感は感じるけれども

踊ったりピラティスすると、いくぶん和らぐように。

また和らぐまで時間が短くなったような気がする。

 

20ヶ月~・・・産前と筋肉量や安定性は全く同じ!とはいかないけれど

(レッスン量は札幌時代に比べてかなり減ったので)

違和感とか不安定さは以前と比べたら相当マシ。

でも軸の取り方に試行錯誤中。

ちなみにシミはビタミンCとLシステイン飲んだら消えた!

(過去記事にサプリについて書いたから読んでみて)

 

で、今に至る。

 

性格上、何か目標がないと努力しないので

コンペに出る!レッスン復帰する!というのがあったのが良かったかな。

精神力・体力・技術・指導法も見直す良い機会になりました、本当に。

 

産後の身体って靭帯も筋肉も伸びてるので、

そのままにしておけば縮まないです。

 

とくにお尻。

あと腹筋下部(腹直筋開離してる人はくっついてから筋トレしてね)

 

理想はバネのように弾んで伸びやかな身体。

 

ほんとねーー、今まで鍛えていたのは何だったの?ってくらい

出産するとゼロになる。

 

でも訓練すれば元には戻っていくから焦らずに。

 

一番鍛えられるのは忍耐力だと思うよ(育児もそうだけど)

 

関連画像

 

PS 巻き肩(前抱っこしてるとなる)や肩こりにならないように

抱っこするときの腕の使い方や、姿勢については

出来たら生まれた直後から気をつけてください。

 

産後すぐは、そんな余裕は無いのは重々承知ですが、私が今思うのは

↑にもっと早くから注意していれば戻りが違うのではないかということ。

 

これから出産予定の方は是非参考に。

 

あ、だから上半身鍛えたほうがいいです。

腕力ないと育児は大変だから。