Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

Hadiaのインタビュー

 

さて、皆はHadiaのShow or WS申し込んだかな?

 

え?まだ??

 

気軽に飲みに行く感じで申し込んじゃいなよ。

私はサクッと申込したったい( ˘ ³˘)❤︎一緒に行きましょ〜んでご飯食べましょ!

 

Hadiaに会うのがお初の方は、基礎WS。

即興が苦手ざんすーな人は即興の喜びWSを。

ベリーダンスやってるけど、身体が痛い…

身体の使い方を知りたいんや!って人は解剖学WSがオススメ。

 

さて、そんな迷える貴方に去年のHadiaインタビュー記事をアップ。

このときはまだFBやっていたのでコピペして保存してたやつをUPします。

とっても素敵な言葉たち♡♡

 

Hadiaに会いに行こうか迷っている人がいたらこれを読んだら

彼女に会いたくなるよ。

 

f:id:madokaraqssharqi:20160109140340j:plain

 

f:id:madokaraqssharqi:20160109140319j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Johara:中東の女性以外にとって、

この中東の踊りがこんなに魅力的なのは何故だと思いますか?

 

Hadia:それは私たちが本当の自分であるための大きなチャンスだからです!

西洋の女性は、女性性を探求し、育む方法が必要なのです。

そしてこの踊りは、女性性を探求するには、とても安全で協力的で喜びに満ちた方法なのです。


同時にこの女性性は、私たちの存在の各側面へと滲み出ていきます。
私たちの踊りは、西洋の女性にだけ受け入れられた訳ではありません。

私は日本で教え始めて10年が経ちますが、日本の女性達は”バブル”と彼女達が呼ぶものからちょうど出てきたところです。

彼らは男性に追従するのがスタンダードだという社会で育ち、文化や教育、仕事において、その変化には多大なシフトが行われてきました。

 

日本人は感情や表現の多くを表に見せません。だから中東の踊りというのは彼女達にとって挑戦なのです。

 

彼女達は、技術的に何かについていくことやコピーすることが、とても上手です。

つまり素晴らしく熱心な生徒さんであり、一生懸命頑張ります。


5回目くらいに日本に行ったときに、最終日にミュージシャンの生演奏で踊れるような3日間のWS構成にしたことがあります。

 

私はそれが上手く行くのかハッキリしない気持ちでしたが、

各WSごとのテーマを上達へ繋げることができ、またミュージシャンの協力もあり、彼女達の心が開いたのです。

私たちの踊りには、心を開くまで辿り着けない繋がりのレベルがあります。

 

Johara:多くの女性達が手放すということを、とても難しいと感じていますね。

私にとっては、それが最後の鍵と言えます。

 

Hadia:この芸術形態をトレーニングすることによって、身体がその為に作られたと言えるような動きで、身体を使うことによって、踊りのエネルギーと文化が表出します。

それは表出しなければならないと言えます。

 

何故なら身体の子午線の繋がりを流し、乗っ取ってしまうからです。

 

(Sali解釈:”この踊りの動きを身体に合う方法で使うことで、身体の縦ラインに流れるべきエネルギーが巡るからです。”または、”この踊りの動きを身体に合う方法で使うことで、チャクラのエネルギーを流すからです。”)

 

もしアラブの方法、特にエジプシャンの方法で踊るのならば、

この踊りは女性が完全に開花させることを許すでしょう。

 

もし私たちが彼らの方法で身体を使うのなら、身体の縦ライン(子午線=経絡のライン)を活性化し、エネルギーのチャンネルが開くでしょう。

 

そうすることで単純に感情が流れることを許し、あなたから流れ出るようになります。

 

(Hadia先生より追記:伝統的なエジプシャンラクスシャルキィやバラディの動きでは、身体の筋肉がとてもポジティブな女性性のエネルギーを流すのを助けるように使われます。それはとても柔らかく優しく、しかしながら開くことと与えることにはとても力強いものです。)

 

それが日本でのレッスンで、踊りが皆のソウルと繋がることが出来た方法です。


あなたは今の日本のダンサー達の踊りを見るべきよ!


それから毎年日本へ行っています。

彼女達はただ動いているのでも振付を踊っているのでもないです。
彼女達はハートとソウルと共に踊っています。

それは、女性らしさの、かなり本質的な表現です。


もし私たちが自分たちを許すならば、観客は私たちの心を目の前へ見せても(すぐそこの外へ置いても)許してくれるでしょう。

そして恥じなくてよいでしょう。


踊りは楽しいことです!

踊りのスピリットとエネルギーが出てきますから。


それは世界の多くの場所で、多くの女性達にとって良いことです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Johara: Why do you think Middle Eastern dance has such appeal for non-Middle Eastern women?


Hadia: It’s our big chance to be who we really are!

Western women need ways to explore and nurture their femininity and this dance gives women permission to explore their femininity in a very safe, supportive and delightful way. 

Eventually, this seeps into every aspect of our being! 

Our dance is not only being embraced by Western women. I have been teaching in Japan for about ten years now and Japanese women are just coming out of what they call “the bubble”. 

They grew up in a society where being subservient to men was the standard and it has taken a massive shift in their culture, education and jobs to change that.

A Japanese person does not show lot of emotion or expression, so Middle Eastern dance was challenging for them. 

They are very adept technically at following and copying anything; they are excellent, attentive students and they work very hard. The fifth time I was there, I organised a three-day programme of workshops which included live musicians on the last day. 

I wasn’t sure whether the programme would work, but, due to the progression of the workshop material and support of the musicians, their hearts were opened. 

There was a level of connection in our dance that they couldn’t allow until their hearts were opened.


Johara: A lot of women find it very hard to let go; for me, it was one of the final keys.


Hadia: By training in this art form, by using the body in the ways it’s designed to be used to create the movements, the energy of the dance and the dance culture will come out.

 It has to come out, because the connections of the body meridians flow and take over. 

Oriental dance allows a woman to totally blossom if done the way Arabic, especially Egyptians, do. 

If we use our bodies in the way they do, you will activate meridians, and open energetic channels that simply allow emotions to flow through and to pour out of you.

(Addition from HAdia: the movements of traditional Egyptian Raqs Sharqi and Baladi use the body's muscles in such a way that it will encourage the flow of very positive feminine energy, which is very soft and gentle, yet very strong with the power of opening and giving. )

That’s how the dance was able to connect to the soul of everyone in that dance class in Japan. 

You should see those Japanese girls dance now! 

I have been going back every year since. 

They are not just doing movements or doing choreographies. 

They dance with heart and soul… it’s the quintessential expression of womanhood. 

If we give ourselves permission, then audience will give us permission to put our hearts right out there and not be embarrassed. 

Dancing is fun; the spirit and energy of the dance comes out.

It’s good for so many women in so many parts of the world.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sali翻訳(http://sali.jp/)

Hadia2016Show&WS…http://sali.jp/special/hadia2016.html