Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

衣装は良いものを ~続編~

 

前回記事がすごいアクセス数・・・

絶対どこかでシェアされてるからなんだろうけど、

SNSはインスタしかやってないから、よく分からんのですが。

 

 

さて、前回記事はこちらから。

 

いろいろなメールやお話いただきました。

ふむふむ。

 

思ったのは、人前で踊ることに対して取り組み方は人それぞれで、

舞踊だからきちんと取り組もうと思う人、エクササイズの延長だと思う人、

ほんと様々。

 

どれも間違っていないし、それで良いんです。

 

ただ・・・いただいたメールやお話の中で、

ハフラ発表会同じレベルのものだと思ってる人が多かったのが衝撃的でした。

 「猿 びっくり」の画像検索結果

 

まったく違うんだけども。。。

(何が違うの?とか聞かないでくれ。自分で調べてね)

 

あとは意見として、

 

金欠だしそんなに衣装にお金を掛けたくない(それは講師も同じだで)

そもそもブランド衣装を知らない(自分で調べないんかーい)

エジプト製とあるなら何でもいいと思う(・・・・そうですか)

たった一回の舞台にそこまでしたくない(白目ギュルン)

 

と、まあ5年前の私が聞いたら発狂しそうな(ふふふ)お話もありました。

 

でもプロとアマチュアの違いってどの世界もこんな形できっとあるんだと思います。

 

それを仕方ないと言って、安い衣装を着せて舞台に立たせるのもやり方のひとつ。

ただ・・・どんどんベリーダンスが下火に、格が下がっていく予感はしますが。

 

講師側も、めげずにしつこく☆

舞台マナーや衣装、音楽、歴史、技術等をずっと伝え続けていかねばとは思います。

個人的に。

 

100人全員に伝わらなくても、1人でも伝わったらそれでいいと思う。

文化ってそうやって受け継がれていくものだから。

 

 

たかが衣装。

されど衣装。

 

 

ベリーダンスをしていなければ、見ることの出来なかった世界や

人の内面を知ることができるので、良い経験をさせてもらってるなー

と、つくづく思います。