Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

《TOP記事》Madokaクラスのレッスン方針

本来ならば、スタジオHPの各インストラクター紹介のところに、

どのようなクラス方針なのかを記載しておくのが一番良いのですが・・・

ひとまずブログにてご案内☆

 

~Madokaクラスのレッスン方針~

・身体に負担をかけずに踊ることを中心に、時にはテニスボールを使ったりなどして
身体の中から踊れるように進めていくクラスです。

・ひとつの動きに対して様々なアプローチを行います。
時には解剖学の知識を利用することもあります。

・生徒さんは、私の指導方法のすべてを採用する必要はないと思います。
参考にして頂き、自分が心地よいと思うやり方を選んで下さい。

 


当スタジオはIzumi先生を始め、

4人のインストラクターがスタジオレッスンを受け持っています(私含む)

したがって、皆それぞれ用語や指導法が異なる場合があります。


そもそもベリーダンスには長い歴史があるだけに、

スタンダードな用語が定まっておらず、同じ動きやテクニックでも、

インストラクターにより異なった呼び方・やり方をすることもあります。


これは誰が正しく、誰が間違っているという問題ではありません。 

 

仮にあなたが今通っているクラスの先生が、
私とは異なる用語を使ったり、テクニックのやり方を行ったとしても不思議ではなく、
それをあからさまに指摘・修正するのは好ましくないと思います。

 

指導法が異なって混乱するようならば、
上記で述べたように、自分で「どのやり方で踊ると心地良いのか?」
を決めてみるのはいかがでしょうか。

 


そもそも、ダンスの動きに明確な「正解はない」と思っています。
踊り方や指導方法に白黒答えがある訳ではないので、
自分の頭で考えていかなければなりません。

十人十色のやり方があると思っています。

 

 

自分がどう感じるのか?を大事にして、踊っていって下さい。

 


最後に・・・この記事を読んで、踊ってみたい♪と思ってくれる方がいたら、、、
そしてスタジオに来てくだされば幸いです(^^)

 

 

PS
留意点としてお話しておきたいことがあります。

私は生徒さんの体について
「あなたは◎◎だから、痛みがあるor怪我をする」等

という断定的な言い方はしていません。


これは過去も今も未来も言うことはありません。

 

なぜなら、私は医者でもセラピストでもないからです。

「そういう動きをしたら、怪我をする可能性がある」と言ったかもしれませんが。

 

残念なことに、一部の生徒間で私の言い方について、
誤解が生じているようなので、敢えて書かせていただきました。

 

ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

 

 

f:id:madokaraqssharqi:20171029211259j:plain

 

【横浜】1/18 入門・初級クラスレッスン日誌

 

本日のレッスンは、実は私も気になっているポイントでした。

腹圧や軸の不安定さがまだまだ、というのがSaliさんオープンクラスで判明して。

 

しかし、ほんとSaliさんの基礎練オープンクラスはおススメ★

あんなに的確に、分かりやすく導いてくれるなんて有り難すぎる。

うおおおおと感動で震えます。マジで。

ベリーダンスの動きや音のとり方など、何か悩みがある人は是非とも

足を運んでみてほしいっっ!!!

 

話反れた。

で、本日のお題。(入門・初級)

 

 

坐骨

NO MORE前もも

江頭2:50のスパッツ

関連画像

 

あと胸椎がもっと膨らんだりするよう、エクササイズをやってみました。

某サッカー選手のお尻筋トレも。

ベリーダンス独特の重たさみたいなのが、もっと出ますように☆

 

 

初級は、振付最後まで行ったぜよーーーー!!

来週は踊りこみ。

その次の週は、録画タイム。

(普段私のレッスンに出てない方の録画はご遠慮いただいてます。どうしても振付欲しいんやという方はプライベートレッスンを申し込んで下さいませ

さらにその次の週から新曲で行く予定。

 

なので、初級に上がりたい人や新曲のタイミングで参加したい人は

このブログを定期的にチェックしてみてね♪

 

ではまた来週~~

表現力を鍛える前に

 

レッスン日誌の前に・・・

とても大切なことが下記に書かれています。

 

ameblo.jp

 

私がレッスンでやったり話したりしている表現力エクササイズは、ほんの一部。

だからこれだけをやっていても、上手くはならないです。

 

日常生活からどのように鍛えていくのか、大切なことは何か?

 

それが書かれていますので、是非!

読んでみてください。

 

 

ぐっと来た文章

 

表現するということは人の気持ちを理解してあげることだったり、共感してあげることだったり、それを汲み取ろうとする思いやりの気持ちも必要な気がします。

 

 

 

人への心遣いって、やっぱり自分が満たされていないと難しいんですよね。「自分が自分が」ってなっちゃうのは、自分を認めてほしいっていうような心の乾きからくると思うから、人に何かできるようになるには、日記をつけたり心のデトックスしたり自分と向き合って自分を受け入れられていることが大前提になるということも忘れないでください。

 

 

 

 

ダンサーとして舞台に立つには、技術だけでなく、人としての部分も大事。

当たり前なんだけどね。

 

 

自己憐憫に浸って、

良いことは自分のおかげ、

悪いことは周りのせい!

 

となってる人は

筋トレして、日記を書きましょう★

 

 

パンダになりたい

今週は口唇ヘルペスがダブルで来て、おまけに喉が痛くて、食欲なくて、

しかも夫長期出張で不在のためワンオペ育児という、

テンションだだ落ちな日々でした。

 

f:id:madokaraqssharqi:20190115102015j:plain

スン…

 

 

まあ何やってもうまくいかないときってある。

なので、やどかりみたくひっそりと生活してました。

 

 

なんかさー、昼間から赤提灯の店でモツ煮とか食べながら、

ビール飲んで🍺ダラダラしたい。

シメはラーメンで(キリッ)

 

 

 

【横浜】2019/1/11 入門・初級クラスレッスン日誌

 

レッスン初めーーーー★

久しぶりに皆の顔みれて嬉しかったです!

お初な方も来てくれてありがたや。

 

 

今年もマニアックde面白いレッスンをお送りしたいと思います。

うほほい。

 

さて入門クラスは足をほぐして、脳のある部分を鍛えつつ

表現力に必要な「恐怖心(恥ずかしさとも言う)」を乗り越えるウォームUPから。

 

技術要素はもちろん、表現力についても今年はより♪しつこくやっていくので

受身な人にはちょっと大変なレッスンかもしれませんが、

続けてやっていくと、いろいろ良いことあるよ。

 

距骨とわき腹長く!、がテーマでした。

肋骨はパカーンと開かないようにするには、どこに呼吸をいれるか?です。

 

 

初級クラスは、筋トレ(^^)やりましたー

ダンサーあるあるらしいよ、上半身弱いって。特に肩周り。

だもんで腕立てをば。

 

距骨がリラックスしているとある部分が伸びるのですが、

これはターンするときやチューチューシミーするときなどに

ものすごく影響してきます。

 

内ももも、これも今日のテーマ。

 

桃の果汁出すにも、ティンカーベルになるにも、

ハッガーラするにも、3/4シミーするにも必須なこの筋肉。

 

仲良くなるには、練習あるのみ!

頑張りましょー

 

振付は進んでません~~復習までだったな。

2月からはシャービーやりたい。

進級考えている人は、ブログ見てタイミングの良い時に上がってきてくださいませ。

 

 

ではまたねーー

 

 


Lebanese Love Affair IV- Soraia Zaied

MonaとかNagwaの動きを上手に取り入れて、彼女のスタイルとして踊るのがすごいなぁ。

てか、プロってそうだよね。

がんばろ。

 

 

 

 

 

 

1/11のレッスンについて

 

新年初のレッスンだもんで☆

 

入門も初級も…

 

ほぐして

温めて

筋トレして

自分の身体の強張りを取って

ゆるゆると踊っていく予定です。

 

 

冬休みの宿題やったかな??( ̄ー ̄)

宿題やってきた人は昨年との変化が何か感じ取れるといいね。

 

 

テニスボール🎾とマスク紐をお忘れなく❤︎