Oriental dancer MadokaのBlog

~2010横浜在住→2010~2015札幌在住→2016~東京在住。Izumi oriental dance studio イントラ兼札幌スタジオ顧問のMadokaのブログ。

《TOP記事》Madokaクラスのレッスン方針

本来ならば、スタジオHPの各インストラクター紹介のところに、

どのようなクラス方針なのかを記載しておくのが一番良いのですが・・・

ひとまずブログにてご案内☆

 

~Madokaクラスのレッスン方針~

・身体に負担をかけずに踊ることを中心に、時にはテニスボールを使ったりなどして
身体の中から踊れるように進めていくクラスです。

・ひとつの動きに対して様々なアプローチを行います。
時には解剖学の知識を利用することもあります。

・生徒さんは、私の指導方法のすべてを採用する必要はないと思います。
参考にして頂き、自分が心地よいと思うやり方を選んで下さい。

 


当スタジオはIzumi先生を始め、

4人のインストラクターがスタジオレッスンを受け持っています(私含む)

したがって、皆それぞれ用語や指導法が異なる場合があります。


そもそもベリーダンスには長い歴史があるだけに、

スタンダードな用語が定まっておらず、同じ動きやテクニックでも、

インストラクターにより異なった呼び方・やり方をすることもあります。


これは誰が正しく、誰が間違っているという問題ではありません。 

 

仮にあなたが今通っているクラスの先生が、
私とは異なる用語を使ったり、テクニックのやり方を行ったとしても不思議ではなく、
それをあからさまに指摘・修正するのは好ましくないと思います。

 

指導法が異なって混乱するようならば、
上記で述べたように、自分で「どのやり方で踊ると心地良いのか?」
を決めてみるのはいかがでしょうか。

 


そもそも、ダンスの動きに明確な「正解はない」と思っています。
踊り方や指導方法に白黒答えがある訳ではないので、
自分の頭で考えていかなければなりません。

十人十色のやり方があると思っています。

 

 

自分がどう感じるのか?を大事にして、踊っていって下さい。

 


最後に・・・この記事を読んで、踊ってみたい♪と思ってくれる方がいたら、、、
そしてスタジオに来てくだされば幸いです(^^)

 

 

PS
留意点としてお話しておきたいことがあります。

私は生徒さんの体について
「あなたは◎◎だから、痛みがあるor怪我をする」等

という断定的な言い方はしていません。


これは過去も今も未来も言うことはありません。

 

なぜなら、私は医者でもセラピストでもないからです。

「そういう動きをしたら、怪我をする可能性がある」と言ったかもしれませんが。

 

残念なことに、一部の生徒間で私の言い方について、
誤解が生じているようなので、敢えて書かせていただきました。

 

ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

 

 

f:id:madokaraqssharqi:20171029211259j:plain

 

【横浜】11/16 入門 初級クラスレッスン日誌

 

昨日は朝から結膜炎で、目が開かず。

ムスカの気持ちが分かったよ、、、

f:id:madokaraqssharqi:20181117065626j:plain

 

 

 

そして喉がつぶれました。

 

前々日に塩水でうがいして、痛みが無くなったからよっしゃーい!とレッスンしてたら、声が出にくくなりこのざまでさあ涙

 

今は掠れ声だでー

 

風邪、だいぶ長引いてます。

原因は息子なんだけど。

鼻水と咳してて、それがうつったの😢😢

 

皆さまも気をつけて!

 

レッスン日誌はそんなわけで短めになりますー

 

気になる人はスタジオ来てね。

またはプライベートレッスンで☆

 

 

入門クラス

・久々に目と首のワーク。集中力って背中からも現れるよ。だから動きが立体的に見えるんだなあ。

表現力、また色々鍛えようかな❤︎

 

初級クラス

・骨盤のシミーやりました。

気持ちが高まったときや、タブラの音を前面に出したいときにやることが多いかな。

パンツON OFF出来ていないと、途中で苦しくなっちゃいます。

基礎力大事。

 

・ステップしながらのシミー

出来るとカッコイイよね( ^ω^ )

 

自分がどの段階で動きにくさを感じるかを明確に。

 

動きにくいところがわかれば、

 

回数をこなせばいいのか、

体の使い方を学ぶ必要があるのか、鍛えなきゃいけないのか、

緩めなきゃいけないのか、

 

を自分で気付けるようになるといいNE!!

 

●●は長く。

腕の◎◉はゆるゆると。

 

振付は進んでないよー

復習よろしく。来週休みだからね。

 

あと宿題(´∀`,,人)♥*.

 

再来週までに、1日1回で良いので

ジルを指にはめて下さい。

 

叩かなくていいよ。

あ、練習したい人は是非とも!

 

ジルを手に馴染ませるのが目的。

仲良くしましょ。

 

ではまたねー

 

 

 

私、背中に翼が生えたよう

るんるんるん~~らららららあああ~~

 

人間というのは欲深いもので・・・

札幌参戦決まったものの、既に第二チケット先行予約に応募しております。

 

あ、米津玄師ライブ@脊オパの話ね。

 

最速先行では、横アリのみ落ちたのですー

 

でもね、ぶっちゃけ幕張も行きたいわけ。

札幌も二日間連続参戦したいわけ。

 

どれか一つ当たれーーーー!!!!

いや当たるっ。

 

ふんがーーー

 

 

しかし、これだけライブも倍率高くて阿鼻叫喚なのに

私の周りに同じ熱量で話せる人が居ない。。。

(夫と友だちは、あなたは熱がすごいと言うけれど)

 

 

ごめんね

ごめんね

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲も染み入る名曲だぞ。

こないだのライブでは歌ったんだぞ。

私もオーオーって歌いたいぞ。

 

 

 

米津玄師LIVE~脊椎がオパールになるとき~

f:id:madokaraqssharqi:20181113203442j:plain

米津玄師@脊オパ 札幌ライブ、最速先行抽選受付、、、
当たりましたーーー!!!

今風邪引いてて、節々痛いし、喉いたいし
耳管開放症再発して、最悪な気分だったのですが


全部吹き飛んだっ


神よ、ありがとうー!


第2の故郷、札幌で米津さんに会えるたあ
もう…なんだろ。
今なら後ろからタックルされても、微笑みを返すYO 🙌
なんなら抱き締めたるYO💕


これで来年も生きていけます。


ははーん。

Self pity

 

Self pity=自己憐憫のこと。

 

 

 

一人で悲劇のヒロインになるのは構わないんだけど、

 

例》

私は一生懸命やってるのに、周りが認めてくれない!私カワイソウ!

私はちゃんと努力してるのに、周りは評価してくれない!私ツライ!

 

とか。。。

 

 

 

 

 

こうした自己憐憫が燻って濁って腐敗して

周りに口撃する、、、というのが一番タチが悪いと思うこの頃。

 

 

 

 

もし、自分がこういう人によって辛い思いをしているならば、、、

 

 

絶対に自分を責めないこと。

 

 

そして周りに助けを求めて下さい。

 

 

黙って耐えない方が良いです。

溜め込むと自分の心がさらに病むから。

 

 

あと私の経験上、そういう人は自滅して消えていきます。

自分に自信が無いんだよね、結局は。

あと暇だから。

自信があって忙しかったら、他人なんかどうでも良いし。

 

 

そんな奴のために、自分が傷ついたり、大切にしてるものを諦める必要はない。

 

 

ま、自分が何をやっても文句言うやつは絶対に居ます😁

 

 

でも自分の味方も居る。

傷ついて、泣いて、落ち込んでる自分を受け入れてくれる人が。

 

 

現にあなたの大事な人は、すぐ近くに居たでしょう??

 

 

f:id:madokaraqssharqi:20181101164347j:plain

 

 

【横浜】11/9 入門・初級クラスレッスン日誌


Wake Me Up - Avicii (violin/cello/bass cover) - Simply Three

 

日誌の前に、、、亡きAviciiのWake me upカバー!!!

超かっこいいーー!

 

 

 

今日はしんみり寒い雨の一日だったけど、

私のクラスに初参加の生徒さんが「うおー」と感動してくれて

いつものメンバーの顔を見れて(風邪引いた生徒さんもいるようで。お大事に)

自分のレッスンが何を大事にしているのか、ようやく言語化できて

(でもずっときてくれてる生徒さんに話したら、私は前からそのように周囲に話してますよと言われ、ぬおーーそうなの!と驚嘆)

ホクホクした一日でした。

 

私のレッスンは、

動きの型の前にあるベリーダンスの「本質」を大事にしていて

それを説明して、体感してもらいながら、踊っていくレッスンです。

 

この「本質」というのはベリーダンス独特のしなやかさだったり

ジューシーさだったり、強さのことを指します。

 

そしてこれらについて説明するときは、解剖学をつかったり

マスク紐やテニスボール、擬音を使ったりといろいろアプローチ法があるよという、Madokaメゾットたんまりなレッスンです。

 

基礎を大切にしたい人や、この踊りの奥深さを味わいたい人、

行き詰って悩んでいる人は是非お越しやすー♪

 

 

で、日誌ね。

 

実は入門と初級クラスで行った、背骨de体操・坐骨丸めて★腹筋をやると

大体自分の身体でどこが弱いのか、得意なのかが分かるのでやんすー

 

内ももだったり、腹筋だったり、インナーマッスルだったり。

 

気づいたら意識して使うこと。

筋トレしなくても、○○を使う!と考えながら動くので充分ですよ。

 

姿勢も大事やね。肩に電球をお忘れなく。

 

ジルは皆の苦手なポイントを聞いて、あー確かにね~と思ったり。

踊りながら鳴らし続けるって大変よね。

 

でも、だからやらないー出来なくてもいいー

だと、1年経っても何の成長も見えないまま。

こればかりは、自分の練習量にかかってます。

己との戦いですな。

 

振り付けは、少し進みましたん。

来週はジル鳴らして踊るよ~ふふふ。